成果を出すこと。

日々の仕事にはいろんなものがある。

ラクなのは、定型的なもので、僕じゃなくてもできる案件。

それを大量に受注して、スタッフの人たちにやってもらえばそれなりにお金にはなると思う。

ストレスもとくにないし。

 

だけど、そういう案件ばかりやれるわけじゃない。

もちろんあまりにも分けが分からない案件は断ることもある。

僕で対応ができなければ、依頼者も僕も時間のムダになるだけだし。

 

中には微妙なものもある。

そういうときに、迷う。

でも、迷っている時間はないので、受ける。受けてしまう。

 

あるいは、誰かからの紹介とかで、断れない状況というのもある。

多くの人は、「ムリっぽかったら断ってくれていいよ」と

言ってくれるけれども、それでもいろいろな理由で受けることがある。

受けざるをえないことがある。

 

で、いったん受けた以上は、

つべこべ文句を言わずに完璧に成果を出さなければいけない。

 

最初のいきさつなんて関係ない。

とにかく、成果を出す。

 

そういうものこそ、最優先でやらなければならない。

後回しにすると、どんどん気が重くなっていってしまうから。

 

難しい仕事、ってのは実はあんまりなくて、

それに取りかかれるかどうか、だけなのではないかと思う。

 

自分に、取りかからせることができるか。

それが一番の問題なのだと思う。

 

気が重い案件に手をつけるには、

リーダーである自分が、作業員である自分に命令するイメージで。

 

そういう案件は、終わらせたあとが気持ちいいから、

それを想像するのも一つかな。

 

あとは、その案件に絡む人たちから信頼を得られる、ということもあるかも。

よくぞやってくれた、ってね。

信頼が得られれば、より大きな仕事とか、もっといい条件の仕事をやらせてくれるかもしれない。

 

と、ブログ書いている暇があったら電話を一つでもしよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中