そして話が合わなくなってくる

同じステージにとどまっていれば、それまでの仲間、友人、知人ととくに何も変わらない日常を過ごしていくのだろうけど、自分が「変わろう」と思った瞬間に、ある一部の人たちとは会話がかみ合わなくなってくる。

時間やお金の使い方も大きく変わったりするし。

それで疎遠になったとしても、本当の友だちってのは、「あいつ、きっとどこかでがんばってるよな」と言ってくれるような気がする。

一生涯の友だち、というのはかなり奇跡的なことなのだ。

お互いの成長のスピードが大きくかけ離れることがなく、あるいは、お互いがまったく成長しないか、そのどちらかなのだろうか。

何らかの穴が空いたら、すぐに埋まるのは人間関係にも当てはまるはず。

出会いがあって、別れがあって、また出会いがあって。

その繰り返し。

それでいいのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中