おおかみこどもの雨と雪。

おおかみこどもの雨と雪を見た。

ストーリーは面白く、最後までダレることなく一気に見れた。

家で映画を見るときにしては珍しく。

 

でも、一番感銘を受けたのは、

大学生だった主人公の女性が、

2人の子どもが生まれたあとに、

夫に死なれ、

そして1人で子どもたちを育てていく覚悟を決めたところ。

 

学校もやめて、バイトもやめて、

山奥の小さな村に引っ越して。

 

もう、子どものことだけ。

それしか考えていない。

 

今、なにをしたいのか。

なにをすべきなのか。

それを縛るものはあるのか。

過去をあっさりと捨て去り、

次の人生を歩んでいく。

 

それは、子どもを育てることに限られない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中