歌いたい歌をうたうのである。

20140113-091711.jpg

 

僕の誕生日は1月で、友人の誕生日も1月で。

なので、合同誕生会を開催した。

銀座の日本料理屋で、ふぐとか刺し身とか卵かけご飯とか美味しいものをたくさんいただいた。

で、プレゼントをいただいてしまった。

僕は用意してなかった。

自分の至らなさを再確認してしまった。

 

その後、バーというか、女性がカウンターの中にいて接客してくれる飲み屋に行って、ウイスキーなど飲んだ。

とくに酔っていたわけではなかったが、1月誕生日の彼が、「歌を歌いたまえ」と言い出し、「いやそんな雰囲気ではないでしょう」とぜんぜん乗り気ではなかった。

しかし、

「ここで歌って他のお客さんにどう思われたっていいではないか。

カラオケを歌っていいお店なのだから、やりたいようにやるべきである。

自分の歌いたい歌をうたうのである」

と言われ、

そこまで言うなら歌おうじゃないですか、とZIGGYのIm getting blueを熱唱した。

 

気持ちよかった。

 

で、その彼がその日に教えてくれた動画。

 

JAPAN 1987.12.26 SONYオーディション

この中の13:00〜が必見。

ロックバンドではお馴染みのコール・アンド・レスポンスだが、はっきりいって、観客はドン引き。

コール・アンド・ノーレスポンスである。

 

しかしTOSHIはやめないのである。

自分のやりたいようにやり切るその姿勢に大変感銘を受けた。

 

空気を読むとか、そんなのは関係ないのである。

やりたいようにやるのである。

歌いたい歌をうたうのである。

 

 

経験したこと、そこから学んだことに自分なりにタイトルをつけるととても印象に残る。

今回のは、「歌いたい歌をうたう」である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中