漂流郵便局。

漂流郵便局というサイトを教えてもらった。

一見、映画の予告サイトかな?と思ったが、どうやら香川県に実在するようだ。

「過去/ 現在/ 未来
もの/ こと/ ひと
何宛でも受け付けます。

Q手紙はどうなるのですか?
漂流私書箱の中で、宛先不明の存在に流れ着くまで漂います。

Q自分が出した手紙を読みに行くことはできますか?
漂流私書箱の中には確かにありますが、
どこにあるのかは当局員にも分かりません。」

 

村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を連想した。

あれは、「図書館」だったと思うけど、なにか似ている。

誰に宛てられたか分からない手紙をひたすらためこむ郵便局。

 

行ってみよう。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中