日本フィルハーモニー交響楽団@サントリー・ホール

20140118-172307.jpg

20140118-172315.jpg

ずっとクラシックのコンサートに行きたかった。
ネットで調べてみたらすぐにチケットが買えて、コンビニで発券できた。
こんな簡単だったのか。
今までは、ほんとに行く気はなかったのだな。

というわけで、サントリー・ホールには初めて入った。
何を演るのか、誰がやるのかロクに知りもせずに、単にスケジュール的に見に行ける公演を選んだ。

会場は、50代以上の男性と、40代以上の女性が多くいた。
このあたりがメインの客層なのか。

座席の座り心地はまあまあ。
ふつうの映画館くらいのものか。
9割くらいの入り。

14時スタート、となっていて
時間きっかりに始まる。
この点は素晴らしい。

オーケストラのメンバーたちはもう自分たちの位置についていて、
チューニングなどしている。

で、時間になるといきなり指揮者が入ってきて、
ぐわーっと拍手が鳴り、
そして静寂のあと、
いきなり演奏がはじまる。

マイクなど使ってないはずなのに、
かなりの大音量。
クライマックスは相当なボリュームだった。

CDでオーケストラの演奏を聴くのは
日常的にするけれど、
じっさいに生で見るのはやはりぜんぜん違う。

音楽でもスポーツでも、
ライブで体験するのにはかなわない。

あの大きな会場で、
小さな小さな音が鳴らされる瞬間など、たまらない。

コンサート自体は満足。
とても愉しめた。

しかし自分としての減点部分は、
演奏中に仕事のことが頭をよぎったこと。

演奏中は演奏に集中しなければいけない。
自分で自分が残念だった。

帰りに売店でCDを買った。
また来月も何か聴きに行こう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中