シャトー・タルボ。

20140121-215013.jpg

ワインのことはぜんぜん知らない。

が、飲むのは好きだ。
だいたい赤。

何年か前に、大学の先輩にワイン会なるものに連れていってもらったことがあった。
そのとき、会費がたしか16,000円だったと思う。

今と金銭感覚がちょっと違った頃なので(一回の飲み代は4,000円まで)、なんという贅沢な人々なのだろうかと驚いたものだ。
それで、「安いね〜」なんて言っているものだから。

しかし時は流れ、いつの間にかお酒で散財するようにもなり、外でボトルでワインを飲むようになっていたのである。

気持よく飲める量としてはボトル半分くらいか。
もちろんもっと飲めるし、飲んだらもっと気持ちよくなるのだけど、ほろ酔いでいられるのはボトル半分。

2人で1本。4人で2本。そのくらい。

ソムリエの資格を持っている人に、「レストランで出されるワインの価格は、酒屋さんで買う金額のだいたい3倍くらいね」と聞いた。

すると、レストランで1万円くらいのものはふつうに酒屋さんで買うと3,000円ちょっとということになる。

あんまり大したことない。

で、また別のところで、「シャトー・タルボ」なるものを勧められた。というか、紹介されていた。

信頼している人のオススメは問答無用でチャレンジすることにしているので、Amazonで注文した。

値段を見たらちょっぴり腰が引けた。

しかし、これをレストランで飲むと3倍だから…、じゃあ買って飲んだほうがすごくお得じゃないか、と分かったような分からない理論でもって注文した。

シロウトがいきなりこんな高級なワインを飲んでいいものかと思うけど、シロウトだからこそいいものを飲まないと愉しくない。

最初が肝心。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中