ヨット三昧の休日。

  いま、仲間たちと使っているヨットハーバーは、葉山、大阪、福岡の3ヶ所なのだけど、あたらしく探そうかという話になり、さっそく夢の島マリーナの見学に行ってきた。

 

なにがいいって、都心から近いこと。芝公園あたりから高速で15分くらいで行ける。ふと思い立って船のところに行く、なんていうことが簡単にできる。葉山だとどうしてもさらに1時間くらいはかかってしまうし、気軽にっていうわけにはいかない。

 

夢の島マリーナは、葉山にくらべて広い感じ。歩くとことか、バーベキューしたりするところとかが。ゆったりしている。レストランがオープンテラスになっているのも良い。夜だからか他に人はいなかったけど。

 

船に乗らなくても、マリーナを愉しむというのが日常に入ってきたら素敵だ。

「オケラ五世優勝す」多田雄幸著

ヨットづいて、本も読んだ。 たった一人で200日もヨットに乗っているなんて、尋常ではない。レースに出ている人たちは、かならずしもお金に余裕があるわけではない。というか、だいたい余裕のない人ばかりのようだ。だからスポンサーを探すことになる。それと、仲間たちの助けによって、船をつくったり。

 

船上は過酷だ。なにかトラブルが起こっても、もちろんぜんぶ自分で解決しなければならない。船の修理とかだけではなく、病気になったりしたときも自分で治療する。

 

こんな勝負を自分もやってみたい。

「ターニングタイド」という映画。日本では去年の春に公開されていたのだけど、ちょうどドーバー海峡を渡りにいく直前だったので時間があわなくて見にいけてなかった。

 

しかし、YouTubeで300円くらい払ったら見れた。なんと便利な時代か。もう、DVDのレンタルとかも流行らないな。

 

これもまた、たった一人でのヨットレース。こんなに大きな船に一人で乗るのか、ということにまず驚く。ふだん僕が乗っている「ディンギーヨット」は長さが5メートルくらいなのだが、その何倍も大きい。それをたった一人で操船する。小さいヨットなら転覆しても、わりあい簡単に起こすことができるけれど、こんな大きな船だとどうなるのだろう。

 

映画の中でも、転覆する船があって、それを主人公が救助する場面があるのだけど、本当に怖い。

 

もう少しで3連休は終わるけど、もう1冊くらいヨットの本を読もうかな。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中