クラシックギター。

クラシックギターのコンサートに行ってきました。

逢坂剛の「燃える地の果てに」という小説の中で、フラメンコギターが重要なアイテムとなっていて、読み終わったらなんだか無償にギターを聴きたくなりまして。

You Tubeとか、iPhoneで聴くのもいいですが、やはり生はいいですね。最前列に座れたので、本当に細かいニュアンスまで堪能できました。自分もギターを弾くので、プロの凄さもよくわかりました。もう、なんというか指の動きが謎すぎて。やっていることは分かるのですが、なんでそんな動きができるの、って感じで。

クラシックギターでしたが、パーカッシブな奏法もあったり、バラエティにとんだ選曲でした。

そうそう、「燃える地の果てに」は、だいぶ面白かったです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中