公益財団法人の主たる事務所移転

小平市の司法書士、手塚宏樹です。

仕事の多くは、相続案件なのですが、会社の登記や不動産登記もお話があればお受けしています。つい先日、士業法人の登記をやったなと思っていたら、今度は公益財団法人です。一般社団法人ならば、設立や役員変更など、それほど珍しくはありませんが、財団法人は数が少ないと思います。ましてや公益財団法人となると。

ご担当者の方にご来所いただき、お話を伺いましたが、公益になるのがまず大変だが、認定を受けたあとも大変だ、とおっしゃっていました。

ご依頼いただいたのは、法務局の管轄が変わる「主たる事務所移転」の登記。最初、お電話で概要をヒアリングしたときには、「許可がいるのかな?」ということが気になりましたが、よくよく調べると、結論としては不要、なのですね。ただし、事後的に届け出は必要とのこと。

そうすると、株式会社などとそれほど大きく変わるところもありません。が、役員欄を見る と、任期が切れている役員の方が数名いて、これも合わせて重任の登記しないといけません。

ふだんあまりやらないような登記だと、久しぶりに条文に当たったりして、なかなか面白いです。

毎日の業務日誌です
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中