ナイショで愛人にマンションをあげることはできるのか?

小平市の相続コンサルタント、司法書士の手塚宏樹です。

まあ、こういうご依頼というかご相談というか、がどれだけあるのかわかりませんが、潜在的にはけっこうなニーズがあるのではないかと推察するのであります。

いま、愛人をマンションに住まわせている。しかしその名義は自分である。とりあえず今のところは何も問題はないけれども、自分が死んでしまったあとはどうなるのだろう。自分の財産だから、家族が相続することになるのか。すると愛人はそのまま住めなくなってしまう。はて困った。

「じゃあ、遺言に書いておけばいいよね!?」(って、こんな軽い口調ではない気もするけど)

遺言も万能ではない。公正証書遺言っていうと、公証役場に行かなければいけない。こっそりやるには不向きかもしれない。さらに、公正証書遺言だと、コンピュータですべて管理されてしまうので、自分の死後、家族が検索をかけるかもしれない。そうすると愛人の存在が白日の下にさらされてしまうのである。

ならば、自筆証書遺言にしようか。これならば、書斎にこもって、つらつらと書くだけで完成する。しかし、これもまた問題をはらんでおり、自分の死後、自筆の遺言は、家庭裁判所に持ち込んで検認(ちゃんと様式にしたがって書かれているかというチェック)を受けなければならない。この検認を申し立てるにあたっては、遺言者の戸籍謄本をとる必要がある。愛人がとれるのだろうか?戸籍謄本がなんとかなったとしても、さらなる関門が待ち構えている。この検認手続き、法定相続人の全員に通知がいくのである。「遺言書を開封するから裁判所に来てください!」なんていう通知がきた家族はビックリ。やはり愛人の存在が白日の下、の可能性大なのである。

ほかにも、相続税の申告をどうするんだとか、自分が認知症になったら財産を洗いざらい調べられるんではないかとか、もろもろの問題点がある。

じゃあどうするのか。という問いには、いくつかの解答があるのだろうけれど、どれが正解なのかはケースバイケースとしか言えないだろう。

一つの答えとしては、「いま、あげちゃう」ということか。たんに「あげちゃう」だけだと贈与税とかで大変なことになるので、ちょっと工夫する必要があるが、遺言よりはバレる可能性がだいぶ低くなると思う。

お知り合いで、こういった問題でお困りの方がいれば、ぜひご連絡を。

毎日の業務日誌です
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中