相続は一人一人で考える。

こんにちは。小平市の相続コンサルタント、司法書士の手塚宏樹です。

相続のご相談を受けていて、たまに勘違いされている方がいらっしゃいますが、「相続」というのは、亡くなった方、その一人だけについて考えます。

 

たとえば、

お父様が亡くなって、相続人全員でその遺産をどのように分けるかを話し合った。そして、不動産の名義も変更し、預金も解約した。

それはあくまで、「お父様の相続」について手続きをしたというだけのことで、その後、お母様がお亡くなりになったときには、真っさらの状態で話し合うことになります。お父様のときに「何もいらないと言った」とかは関係ありません。

一つの家族のなかでの話でも、ちがう方が亡くなれば、それは「別の相続」なのです。

もう一つちがうケースで説明しますと、

お父様が亡くなって、妻・長男・二男が相続人であったときに、長男がすべてを相続しました。その後、長男が亡くなったら、長男の配偶者・子どもがすべてを相続することになります。

もし長男に配偶者も子どももいない場合は、長男の母が相続します。もし、このときに母がすでに亡くなっていれば、二男が相続することになります。父の相続のときに二男が相続しなかったことは関係がない、ということです。

毎日の業務日誌です
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中