仙台一校。

先日、20年ぶりくらいに高校の同窓生と会ってきた。同じクラスだったことがあったのかなかったのか(たぶんない)、そんな状態だったので、同窓会(といっても少人数のこじんまり)なのに名刺交換から、という会合。新宿ゴールデン街という場所もあいまって、アウェイ感のなか、お店の門をくぐったのであった。

しかし、宮城県仙台一高という強烈な(当時。今は知らない)求心力をもった学校を卒業した仲間ということで、すみやかに溶け込むことができてよかったのである。

仙台一高は、僕らが通っていた当時は男子校であった。いまは摩訶不思議なことに、男女共学となっている。謎である。当時はそんな時代がやってくるとは夢にも思っていなかった。本当に、先生も生徒も、誰一人そんなことを考えていなかったのではないか。僕らにとって、便利なiPhoneのおかげで生活が一変した、なんていうこととは比べれないくらい。仙台一高が男子校ではなくなった、ということのほうが、「ああ、時代は変わったのだな」と思わせるものだと思う。

同時期に、仕事でも、仙台の不動産の売買などがあり、ちょっとだけ「仙台」というワードを意識するようになっているここ最近、あらたな事実を発見した。発見したというか、自分が知らなかっただけであるが。

「志賀賢太郎」というプロレスラーがいる。ウィキペディアによると、1974年12月6日生まれなので、僕の1年上である。いや、ウィキペディアなんか見なくても、1年先輩ということは知っている。同じクラスに柔道部の友だちがいて、そいつが「志賀先輩、志賀先輩」と言っていた。志賀先輩は体が大きいと思っていたのだが、全日本プロレスに入門後、テレビに出て活躍するようになると、ああ、他のレスラーってとんでもなくデカイのだな、とリアルに思わされたのであった。

全日本プロレスが仙台に興業にやってきたとき、高校の仲間が飲みに誘ったところ、「社長に聞いてくる」と答え、誘ったほうは、「おおー、社長ってジャイアント馬場か~」とそれだけのことで感激していたらしい(伝聞なので真偽不明)。

僕は直接には、志賀先輩とは交流がなかったが、仙台一高出身ということで、ずっと気になる選手の一人であった。そして、今日、さきほど、新日本プロレスの「田口隆祐選手」も仙台一高出身ということを知ったのである。ふつうに調べれば出てくる情報だし、自身のツイッターでも仙台一高に関することに言及しているので、やはり知らないのは僕だけであった。宮城県出身というのは知っていたのだけど。

田口隆祐選手は、1979年4月15日生まれなので、僕が卒業した年に入学していることになる。だから交流はやはりない。田口選手は、若手、というイメージだったが、いつの間にか、もうすぐ40歳である。「タグチジャパン」でブレイクしていて、タオルが欲しいな、などと思っていたところである。

という、「田口選手って、一高だったのか!」ということをどこかで言いたかっただけの投稿である。

毎日の業務日誌です

ペタンク pétanque

ペタンクという球技。フランスなどでは老若男女が公園で気軽に楽しんでいるようですが、日本ではまだまだ知名度が低いですね。僕は、つい何ヶ月か前に知ったのですが、かなり面白いです。今では仲間たちとほぼ毎月、大会を開いて、年間の得点ランキングなどをつけて争っています。

ルールは、簡単にいうと、1対1(あるいは1チーム対1チーム)の戦いで、的にもっとも近いところにボールを投げられたほうの勝ち、という感じです。しかし、これが言うのは簡単ですが、なかなかどうして、思ったところに飛ばない。よし、いいところにいった、と思っても相手に弾き飛ばされたりすることもあります。

先月、モナコに行ったときは、ヨットに乗りにマリーナに行ったらペタンク場が隣接されていました。ほんとに身近なスポーツなんだな、と感じました。

 

 

毎日の業務日誌です

新日本プロレス。

20140309-201516.jpg

20140309-201522.jpg

20140309-201526.jpg

20140309-201531.jpg

20140309-201535.jpg

20140309-201540.jpg

20140309-201545.jpg

20140309-201550.jpg

20140309-201555.jpg

先日の新日本プロレス。
大田区総合体育館、超満員であった。

第一試合から、いや、イベント開始からすでに場内はできあがっており、とてもいい雰囲気。

一つ一つの試合がすべてクオリティが高く、興業全体としての満足感は今まで観戦した中でも3本の指に入るかも。
「捨て試合」が一つもなかった。

個人的には、インディーから這い上がってきた選手たちが、メイン、セミで大歓声を浴びているのが素晴らしいと思った。

プロレスは生き様を魅せるものだから。

もちろん生え抜きも素晴らしい。
中邑真輔の既成概念ぶっ壊しっぷりも大好き。

☆☆☆

「日経トレンディ」に、新日本プロレスのオーナーの木谷高明さんのインタビューが載っていた。

「新日本プロレスの人気がV字回復した理由」

・コアファンだけでなく新規のファンを取り込むために、「オカダ・カズチカの必殺技はレインメーカー」などと、レスラーの必殺技は1つに決まっているほうが分かりやすい。

・ツイッターなどでレスラー自身が情報を発信する。

・団体のメジャー感を高めるために、例えば、プロレス専門誌の最も目につくページに広告を打つ。
 駅の構内や、JR山手線に広告を出す。

・わざと満員にする。
 人気が出てきたからといって、会場の規模をむやみに広げないようにコントロールした。毎回満員にして、新日本プロレス最近熱いな!と思わせる。

そうか、わざと満員にしてたのか。
キッダーニ男爵すごいな!

リンク

なぜダイエットは成功しないのか

短期間で痩せることは可能だ。
僕自身、経験した。
2ヶ月で10キロ減った。

一定の結果が出てくると、
もはや数字的なモチベーションがなくなり、
維持するのは難しくなるのだろうか。

これからは体重は維持したまま、
筋肉をつけていくようにしたい。

ここで新たな目標を持てないと
リバウンドしてしまうのだろう。

ちなみに、減量中の人に「リバウンドに気をつけて」
というのは最悪の行為である。

この動画は、ダイエットなんかやめようよ、
というメッセージなのだが、
話の趣旨以前に、
スピーカーが太っているわけではないのが微妙な気がする。

「あんた太ってないからそういうこと言えるのよ」的な。

かといって、
太っているスピーカーがこういうことを言うのは、
単に「開き直り」にすぎないような気もする。

人は何のためにダイエットするのか。
1.見た目
2.健康

あとはなんだろう?

でも、見た目も健康も、
後からついてくるもののような気がしていて、
それよりも
人生変えちゃる!
という決意表明のようなものなのじゃないのかな。

ちなみに、この動画では、

1.野菜・果物を適切に摂取する
2.週に3回運動する
3.タバコを吸わない
4.お酒は適度に

この4つを守れば、
太っていようと体重は関係なく、
死亡率は同じくらいだそうだ。

計画をたてるということ。

計画をたてないと、自分が今日、どれだけ頑張る必要があるのかわからない。

なんとなく、今日はがんばったんちゃう?という間違った満足感を得てしまいそう。

それと、計画のたて方によって、やりきることができたのか、自分に負けたのか、が変わってくる。

10km走ろうと計画して、10km走れたらOKだけど、12km走ろうと計画して11kmしか走れなかったらダメだ。

どちらがいいのかよくわからないけど、目標値を高く設定するほうがやっぱり伸びるのだろうな。

アンディウォーホール。

画像

20140225-202432.jpg

アンディ・ウォーホル展に行ってきた。

美術館なんていうところは、
今まであまり足を運んだことがなかったけど、
今年はもう何度か行っている。

日常の生活とは違った空気感に触れるというのは、
とても大事だ。
日々、自分のクオリティを高めていかないと。

心地良い環境に身をおき、
素敵なものに触れて。

そして、そういった価値観を共有できる人と一緒にいれたら最高だ。

走るということ。

画像

20140223-075758.jpg

日曜の朝はスタバで一週間の振り返りと計画。

昨日の夜、ジムに行って自己最長の15kmを走破した。
前回が13kmだったので2kmの上乗せ。

驚いたことに10kmくらいまでは、
たいしてしんどいとも思わなかった。
最後の5kmはとてもつらかったけど。

どんどん距離がのびていくのが嬉しい。

距離をのばすためには、
まず当然だけど目標の距離を今までの最高よりも増やすこと。

「今日の目標は15km」と思って始めれば、
7kmくらいの時点で、
「ああもうすぐ半分か」となる。

これが、目標を10kmに設定していたら、
もうすぐ終わりだと思い、
10km以上は走れないと思う。

そしてもう一つは、
上記と矛盾するようだけど、
そもそも距離の表示を見ない(ジムのランニングマシン)。

距離の数字ばかり見ていると、
「まだ5kmか…」と
そればかり考えてしまう。

いまどれくらい走ったかに、
意識が向きすぎないようにすることが大事なのではないか。

もちろん、スピードと経過時間によって、
だいたいの距離はアタマのなかで計算できるのだけど。

あとは、人と約束すること。

コーチをつけること。

走ることに限らず、
ビジネスで成果を出す場合でもまったく同じような気がする。

目標を高く設定するのは大事だけど、
日々の売上ばかりに目を奪われていては、
しんどいだけかもしれないし。

走るって奥が深い。