仲間たちと夢の島マリーナに集まり、セーリングしてきました。風と波が強くて、なかなかに緊張しましたが。

 

差し入れでいただきたホットドッグが美味しい〜

 

いい一日でした。帰宅したら、夜9時に寝てしまい、目覚めたら夜中の2時。。。

 

毎日の業務日誌です

 

「猿島」へ。

今日は葉山マリーナへ行ったが、強風のため赤旗が掲げられており、全艇出航停止。

予報ではそこまで風は強そうではなかったのだが、マリーナについて時間が経つにつれ、どんどんと風速が上がっていった。仮に船を出していたとしたら、戻ってこれなかったかもしれない。マリーナについてときは、お隣の葉山港からか、何艇かヨットが出ていたが、大丈夫だっただろうか。

こんど、セーリングクルーザーで神奈川県の無人島「猿島」を目指すことになった。最初は、伊豆大島に行こうと考えたのだが、まず猿島への航海で修行しようということになった。

それでも、夢の島マリーナから猿島まで単純な直線距離でも40kmほどある。往復するとなると一泊しないといけないかもしれない。航海スケジュールの作成や、もろもろすべてこれからだ。

ヨットとバーベキューとペタンクと。

仲間たちとバーベキューをして、ヨットに乗った。50名くらい集まって、そのうちヨットに乗ったのは30名くらいか。4回に分けて乗船した。

船舶免許を持っているメンバーが僕のほかに5名ほどいたので心配はなかったが、丸一日乗っていたのでさすがに最後、陸にあがったときはホッとした。

ヨットにはじめて乗る、という人もたくさんいて、「ほんとに風だけで進むんですね~」という単純というか純粋な感想がたのしかった。「気持ちいい、このまま遠くまで行きたい。帰りたくない」とも。

乗組員を交代するために陸に帰ると、焼きたての肉を食べさせてくれて、それがとても美味しかった。ヨットに乗ると、いつも肉が食べたくなるのだ。

これからヨットでの冒険にチャレンジしようとしている仲間は頼りになるし、写真が得意な人が撮ってくれた人の写真はやっぱり素敵だし、バーベキューの横でペタンクというスポーツをやっている人がいたり、とにかくいい一日だった。


まだまだ気持ちのいい季節が続くので、また近いうちに集まりたい。

ラグジュアリー化計画。


2016/08/11 21:32

今日は夢の島マリーナに行き、セーリングクルーザーの清掃、点検、そしてセーリングをしてきた。

以前、船体は自分たちで紅く塗った。今度は、ウッドの部分を美しく見せるために、ヤスリがけしてニスを塗ることになった。なんでもできるかぎり自分たちでやろうというのが、我々の方針だ。でも、素人仕事にならないように。美しさは追求して。

光り物をピカピカに光らせて、ウッドをいい感じの色に仕上げることができれば、それでかなり印象が変わると思う。

この機会に、船内に積んである不要なものもどんどん処分する。これはもう使わないだろうなあというものが結構ある。あるが、普段セーリングをしているだけでは、どうしてもそのままになってしまう。大掃除の機会が必要だ。

ふだんヨットにはあまり乗りに来ない仲間も、このプロジェクトには参加したいと言う。たくさんの仲間に愛されて、いいヨットになってほしい。

海峡を渡る。


今までに、ドーバー海峡、津軽海峡、ジブラルタル海峡を渡ってきた。現地でピンバッジを手に入れて、ヨットの集まりのときにジャケットにつけたりしている。

次はハワイのモロカイ海峡か。ニュージーランドのクック海峡も候補にあがっている。違うメンバーで同時にプロジェクトが進行していきそうなので、どちらも見るのはなかなか大変だ。

ぜんぶで7つの海峡を渡る計画になっている。数年かかるかと思っていたが、ここから先は思いの外、早いかもしれない。