特別給付金国庫債権。特別弔慰金国庫債権。


相続のご依頼のなかで、「特別給付金国庫債券」というものを受け取りました。先生、手続きしてくださいと。ほかに、「特別弔慰金国庫債券」というものも。

この写真の下のほうが、クーポンになっています。記名式の債権です。

この国債の記名者が死亡し、まだ残りのクーポンがあるときには、国債の記名の変更手続きをすることによって、相続人が償還金を受け取ることができます。

手続きをする窓口は郵便局です。「ゆうちょ銀行」の口座の相続も、郵便局の窓口でしますが、こちらのほうがより手続きが大変かもしれません。

もちろん、今回は、委任状をもらって私が手続きしてきます。それにしても、「相続人の一人から請求できる」なのですね。相続人同士で揉めているとき、見つけた人が独り占めできてしまいますね。

毎日の業務日誌です

犬カフェ。

 

犬カフェ、というのか分からないけれど、とにかくそういうところに行ってきた。少し前に、「ハリネズミカフェ」に行ったこともある。自分がとくに好きなわけではなく、誰かに連れられて、である。

 

ここは、正確には「カフェ」ではない。ただ純粋に犬たちと遊ぶ場所である。また、犬を散歩に連れ出すこともできる。1時間3500円と、それなりのお値段であった。一緒にいった長女は満足していたので、まあよいが。

 

「カフェ」のほうも賑わっていて、1人30分900円。2人で1時間もいれば、そこそこの金額になる。3人の従業員でまわしていて、日曜日の午後などはいつも混んでいるらしい。

 

また連れていけ、とせがまれている。

南仏のお料理レッスン

小平市の相続コンサルタント、司法書士の手塚宏樹です。

先週の金曜日は、エコール ド プロトコール モナコ主催の「南仏のお料理レッスン」に参加してきました。毎回、美味しくて、笑いにあふれて、愉しい時間です。

今回のメインはムール貝。白ワイン蒸し。写真のほかに、もう1つ、合計2種類つくりました。

ムール貝を食べたあとは、そのスープをつかって、うどんを。これもまた美味しかった!

ヌテラ(Nutella )というチョコスプレッドをつかったアイス。とっても簡単につくれるので、家でもやってみます。子どもが喜びそう。

毎日の業務日誌です

Blaze Bayley “Endure And Survive”

小平市の相続コンサルタント、司法書士の手塚宏樹です。

 

高校のときにギターを弾きはじめて以来、ヘヴィメタルが好きです。オトナになってからは(笑)、ジャズとかクラシックも聴くようになりましたが、やっぱりヘヴィメタルはやめられません。

 

最近はApple musicで音楽を聴いていて、今日はこんなアルバムを見つけました。

 


元IRON MAIDENのブレイズ・ベイリーというボーカリスト。IRON MAIDENにいるときは、曲に歌い方が合ってなくて好きではありませんでしたが、このアルバムは、むしろ最近のメイデンのアルバムより好きです。

 

2曲目のEscape Verocityなんかは、これぞメタル、という感じで嬉しいですね。Nightwishみたいな”Remember “もいいです。久しぶりにいいアルバムに出会いました。

 

毎日の業務日誌です

 

ドラゴンボールとデュエマ。

子どもがカード集めに凝っています。ドラゴンボールのものが好きなようで、ショッピングセンターにあるゲーム機で遊ぶためのものです。ゲームをするたびに1枚もらえて一喜一憂しています。家の近所には中古カードを売り買いするお店もあって、よく見てみるとけっこうな金額のカードがあったりします。1万円近くするものまでありました。すごいですね。

そして子どもが細かいデータまでよく覚えていること。ほとんど暗記している感じです。

そして最近ウチのラインナップに加わったのが、デュエルマスターズ、通称「デュエマ」。これはカードだけで遊べるものですが、ルールが最初よくわかりませんでした。You Tubeでルールを解説している動画を見たりして自習しました。カードパックについていた説明書ではまったく意味がわからなくて・・・。

僕が小さい頃は「ビックリマンチョコシール」を集めるが流行っていましたね。懐かしい。

もうとにかく、集めさせる、というのが儲かるんでしょうね。ドラゴンボールなんか、もう30年も続いているそうですから、僕みたいな親の世代も子どもと一緒に遊べるがいいのでしょうね。ということは、続ける、というのはものすごい価値なのだなと思いました。

銀行で待ちぼうけ。

ただいま銀行で、不動産売買の決済に立ち会っています。正確には、近くの不動産会社で、売主さん買主さん、仲介会社さんと書類のやりとりをし、売買代金の送金のために銀行にやってきました。

今日は、11月の末日。銀行が込んでいます。買主さんは銀行から住宅ローンの融資を受けてそのお金で売主さんに支払いをするわけですが、その融資のお金がなかなか振り込まれない。銀行の応接室で、暇を持て余した関係者たちが1時間ほども待たされる。月末によくある風景です。

しかし今日は、応接室ではなく、ふつうに銀行のロビーで待っていますので、関係者はみなそれぞれ自分の仕事(?)をしています。PCを出して作業を始めた人もいれば、読書をする人もいたり、じゃあ僕は事務所の業務マニュアルをつくろうと。で、少し飽きてきたのでブログを書いています笑

2時間が経過しましたが、まだ終わる気配はありません。

クラシックギター。

クラシックギターのコンサートに行ってきました。

逢坂剛の「燃える地の果てに」という小説の中で、フラメンコギターが重要なアイテムとなっていて、読み終わったらなんだか無償にギターを聴きたくなりまして。

You Tubeとか、iPhoneで聴くのもいいですが、やはり生はいいですね。最前列に座れたので、本当に細かいニュアンスまで堪能できました。自分もギターを弾くので、プロの凄さもよくわかりました。もう、なんというか指の動きが謎すぎて。やっていることは分かるのですが、なんでそんな動きができるの、って感じで。

クラシックギターでしたが、パーカッシブな奏法もあったり、バラエティにとんだ選曲でした。

そうそう、「燃える地の果てに」は、だいぶ面白かったです。