サントリーホールで演奏しました。

昨日はまさかのサントリーホールでの演奏。

会員になっている慈善団体アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポンの「アミチエチャリティコンサート2017 in Tokyo」にギターで参加しました。

楽器初心者がたくさんいるこのオーケストラ、ふつうに考えたらそんなバンドがサントリーホールでやるなんてナメてるのかと言われそうだけど、逆に、そう言われないようなことを、業界の慣習とかに従って大人しくやっててもツマラナイですね!音楽だけでなく何でも!

それにしても盛り上がった!最高でした!来ていただいた方々、ありがとうございました!

毎日の業務日誌です
広告

引っ越しとレコード。

今日は自宅の引っ越しの準備をしています。押入れの奥深くに眠っていたレコードを発見し、しばらく見入っていました。

すっかり忘れていましたが(もうレコードプレイヤーがないので)、わりと何十枚も持っていました。どれもおそらくAppleMusicで無料で聴けるのだと思いますので、レコードをとっておかなくてもいいような気がしますが、紙の大きなアルバムジャケットはそれだけで魅力的です。

名盤は、アートワークも含めて、名盤なのだとあらためて認識しました。あのバンドのあのアルバム、というとき、必ずジャケットをイメージしますしね。単なるディスプレイとしてですが、事務所に置いておこうかなと思っています。

毎日の業務日誌です

なりきりパーティ。

パーティを主催しました。一番下の写真の右側が僕です。みんなはタキシードでしたが、バロックスタイルで臨みました。

会の設定を考え、曲を選び、照明のタイミングを打ち合わせ、何から何までやりました。

ゴールドの内装がとても良い感じで、ダンスも盛り上がり、最高の時間になりました。

Mr.BIG 日本武道館

Mr.BIGのライブに行ってきました! メンバーみんな五十代、ビリーシーンなん六十を超えてるのに、往年の曲も迫力そのままで。

Promise her the moon のときに、客席からiPhoneの光をペンライトみたいに揺らしてたのがとても綺麗でした。この曲大好き。

今でも超一流バンドでした。超絶テクなのに、ちゃんと「バンド」になっている。だれか一人だけが目立つんじゃなくて。

3年前にパーキンソン病と診断されたドラムのパットが、パーカッションとコーラスでずっとステージにいて、Just take my heartではドラムも叩いて。暖かすぎる拍手が降り注ぎ、パットが涙ぐんでいました。 パットが言ってた「ぜったいにあきらめない」ということと、そして仲間がいたこと。

アンコールでは、パットがボーカルをとって、グランドファンクのWe’re an American band を演ってくれました。 いやーーー、いいライブでした。

友人が当日のセットリストを入手してくれました。どこから手に入るんだろう。

「名義を変える」は、おかしい?

司法書士をやっているので、「名義を変えたいのだが」というご相談を受けます。

ご相談者としては、単純に「父から自分に」とか「自分の名義の半分を妻に」とか変更したいということなのですが、これがなかなか難しい。というのも、名義=登記簿の表示、なわけですが、登記簿の所有者を変更するには、何らかの理由が必要なわけです。理由というか、法律上の原因ですね。

たとえば、父が自分に贈与したとか、半分を妻に贈与する、などであれば、それを原因として(そういう書類を作成して)、所有者を変更する登記ができます。あるいは、父から買った、という売買が原因となることもあります。

そうすると、税金の問題が発生してきます。不動産の価値が高い場合には、贈与なんてしてしまうと、贈与税がバカ高くなってしまいますし、売買の場合でもテキトーなことはできません。

という説明をすると、「おお、そう簡単には名義を変えられないのね」と皆さまおっしゃいます。そうなのです、いろいろやっかいなのです。

 

毎日の業務日誌です

 

PJカップ埼玉大会。


 

小平市の相続コンサルタント、司法書士の手塚宏樹です。

 

先週末は、「PJカップ埼玉大会」に参加してきました。PJは、ペタンクジャパン、の略。

 

ペタンクとは、ものすごくカンタンに言うと、的に向かってボールを当てて、どれだけ近くに当てられるかを競うゲーム。

 

こう書くとひどく単純に思われそうですが、これが、なかなかどうして、やってみると面白い。大会当日は、そこかしこで、歓声と悲鳴が鳴り響いていました。

 

このあと、京都大会、東京大会と続いていき、年間通してのチャンピオンを決定します。