公益財団法人の主たる事務所移転

小平市の司法書士、手塚宏樹です。

仕事の多くは、相続案件なのですが、会社の登記や不動産登記もお話があればお受けしています。つい先日、士業法人の登記をやったなと思っていたら、今度は公益財団法人です。一般社団法人ならば、設立や役員変更など、それほど珍しくはありませんが、財団法人は数が少ないと思います。ましてや公益財団法人となると。

ご担当者の方にご来所いただき、お話を伺いましたが、公益になるのがまず大変だが、認定を受けたあとも大変だ、とおっしゃっていました。

ご依頼いただいたのは、法務局の管轄が変わる「主たる事務所移転」の登記。最初、お電話で概要をヒアリングしたときには、「許可がいるのかな?」ということが気になりましたが、よくよく調べると、結論としては不要、なのですね。ただし、事後的に届け出は必要とのこと。

そうすると、株式会社などとそれほど大きく変わるところもありません。が、役員欄を見る と、任期が切れている役員の方が数名いて、これも合わせて重任の登記しないといけません。

ふだんあまりやらないような登記だと、久しぶりに条文に当たったりして、なかなか面白いです。

毎日の業務日誌です

仲間たちと夢の島マリーナに集まり、セーリングしてきました。風と波が強くて、なかなかに緊張しましたが。

 

差し入れでいただきたホットドッグが美味しい〜

 

いい一日でした。帰宅したら、夜9時に寝てしまい、目覚めたら夜中の2時。。。

 

毎日の業務日誌です

 

士業法人の社員が代表社員となる場合の登記記載例

仕事の話です。

懇意にしている士業の方から依頼があり、士業法人の役員変更登記をお受けしました。

 

現在の登記簿は、下記のとおりです。

住所 ◯◯◯◯

社員 A

住所 ◯◯◯◯

代表社員 B (Bは辞任しており、下線が引かれ抹消されています)

 

で、このたび、新たにCさんが社員として加入し、Aさんが代表社員となる場合の登記すべき事項がこのようになります。

 

「役員に関する事項」
「資格」社員
「住所」◯◯◯◯
「氏名」C
「原因年月日」平成◯◯年◯月◯日加入

 

「役員に関する事項」
「資格」社員
「住所」◯◯◯◯
「氏名」A
「原因年月日」平成◯◯年◯月◯日資格変更

 

今度、やることがあるのかないのか分かりませんが、誰かのお役に立てば幸いです。

 

毎日の業務日誌です

 

ペタンク pétanque

ペタンクという球技。フランスなどでは老若男女が公園で気軽に楽しんでいるようですが、日本ではまだまだ知名度が低いですね。僕は、つい何ヶ月か前に知ったのですが、かなり面白いです。今では仲間たちとほぼ毎月、大会を開いて、年間の得点ランキングなどをつけて争っています。

ルールは、簡単にいうと、1対1(あるいは1チーム対1チーム)の戦いで、的にもっとも近いところにボールを投げられたほうの勝ち、という感じです。しかし、これが言うのは簡単ですが、なかなかどうして、思ったところに飛ばない。よし、いいところにいった、と思っても相手に弾き飛ばされたりすることもあります。

先月、モナコに行ったときは、ヨットに乗りにマリーナに行ったらペタンク場が隣接されていました。ほんとに身近なスポーツなんだな、と感じました。

 

 

毎日の業務日誌です

ドラゴンボールとデュエマ。

子どもがカード集めに凝っています。ドラゴンボールのものが好きなようで、ショッピングセンターにあるゲーム機で遊ぶためのものです。ゲームをするたびに1枚もらえて一喜一憂しています。家の近所には中古カードを売り買いするお店もあって、よく見てみるとけっこうな金額のカードがあったりします。1万円近くするものまでありました。すごいですね。

そして子どもが細かいデータまでよく覚えていること。ほとんど暗記している感じです。

そして最近ウチのラインナップに加わったのが、デュエルマスターズ、通称「デュエマ」。これはカードだけで遊べるものですが、ルールが最初よくわかりませんでした。You Tubeでルールを解説している動画を見たりして自習しました。カードパックについていた説明書ではまったく意味がわからなくて・・・。

僕が小さい頃は「ビックリマンチョコシール」を集めるが流行っていましたね。懐かしい。

もうとにかく、集めさせる、というのが儲かるんでしょうね。ドラゴンボールなんか、もう30年も続いているそうですから、僕みたいな親の世代も子どもと一緒に遊べるがいいのでしょうね。ということは、続ける、というのはものすごい価値なのだなと思いました。

銀行で待ちぼうけ。

ただいま銀行で、不動産売買の決済に立ち会っています。正確には、近くの不動産会社で、売主さん買主さん、仲介会社さんと書類のやりとりをし、売買代金の送金のために銀行にやってきました。

今日は、11月の末日。銀行が込んでいます。買主さんは銀行から住宅ローンの融資を受けてそのお金で売主さんに支払いをするわけですが、その融資のお金がなかなか振り込まれない。銀行の応接室で、暇を持て余した関係者たちが1時間ほども待たされる。月末によくある風景です。

しかし今日は、応接室ではなく、ふつうに銀行のロビーで待っていますので、関係者はみなそれぞれ自分の仕事(?)をしています。PCを出して作業を始めた人もいれば、読書をする人もいたり、じゃあ僕は事務所の業務マニュアルをつくろうと。で、少し飽きてきたのでブログを書いています笑

2時間が経過しましたが、まだ終わる気配はありません。

クラシックギター。

クラシックギターのコンサートに行ってきました。

逢坂剛の「燃える地の果てに」という小説の中で、フラメンコギターが重要なアイテムとなっていて、読み終わったらなんだか無償にギターを聴きたくなりまして。

You Tubeとか、iPhoneで聴くのもいいですが、やはり生はいいですね。最前列に座れたので、本当に細かいニュアンスまで堪能できました。自分もギターを弾くので、プロの凄さもよくわかりました。もう、なんというか指の動きが謎すぎて。やっていることは分かるのですが、なんでそんな動きができるの、って感じで。

クラシックギターでしたが、パーカッシブな奏法もあったり、バラエティにとんだ選曲でした。

そうそう、「燃える地の果てに」は、だいぶ面白かったです。