公証役場で遺言をつくる〜その現場

小平市の相続コンサルタント、司法書士の手塚宏樹です。

相続のご相談のなかでも、「遺言」はかなりのウエイトを占めます。遺言の種類は、民法に明確に定められていて、いくつも種類がありますが、実際には、公証役場で作成するか、自分で(自筆で)書くか、のどちらかがほとんどです。

自分で書く、だと思い立ったそのときに書くことができるし、費用もかかりません(自分が亡くなったあとに、費用は発生しますが。家庭裁判所に提出したり、相続人はけっこう面倒です)。

自筆で書く遺言は、専門家のチェックを経ないことが多いので、その内容に不備のあることが多いです。これを書いている今日も、ご相談で見せていただいた遺言が、「うーーーーん」と頭を悩ませてしまうような書き方でした。誰に相続させたいかは明記してありましたが、書き方に問題があり、おそらく金融機関は受け付けてくれないのではないかと思います。

その点、公証役場で作成する「公正証書遺言」ならば、我々司法書士などの専門家や公証人のチェックが入ります。しかし、「◯◯士」とか「公証人」とかいっても、人それぞれで、公正証書遺言だからといって完璧である保証はありません。遺言に土地や建物を記載するときは、最新の登記簿謄本でその内容を確認する必要がありますが、それを怠り、あとあと法務局で登記手続きができなかった、なんてこともあります。記載の不備で、銀行口座の解約ができない、ということもあります。

慣れているプロに頼むほかないですね。法律がどうこう、というより、銀行や法務局など、遺言を受け付ける機関がどういう対応をするか、を知っていないといけないのです。

で、公証役場で遺言を作成する場合、どのような流れになるのか、をご説明します。

まず、私のところにご相談に来られて、財産の内容を確認し、誰にどのくらいずつ相続させたいのか、を聞き取ります。あるいは、アドバイスを差し上げて決定してもらう。

それと並行して、戸籍謄本や登記簿謄本などの必要書類の収集を行います。その後、決定した遺言の内容を、公証役場に伝え(私が作成した案文を送付)、集めた資料を送ります。この、案文を作成する、というところと、最初の聞き取りとアドバイス、が最大のポイントです。コンサルタントの能力の差が、如実に現れるところでしょう。

あとは、予約した日に、遺言者ご本人と、私ともう一人の証人(事務所のスタッフ)の合計3人で公証役場に向かいます。遺言者ご本人のご家族がいらっしゃることも多いですね。

みなさん、待ち合わせ時間より20〜30分くらい早く来られます。時間に遅れてきた方は今まで記憶にありません。緊張されるみたいです。

公証役場で何をやるかというと、

1.予約の時間が来たら奥のテーブルに通される。遺言者ご本人、私、もう一人の証人、そして公証人の4名。ご家族は入れません。

2.公証人が、遺言者ご本人に、氏名や生年月日を聞き、本人確認をします。

3.公証人が遺言書の内容を一字一句読み上げます。本当に「一字一句」なので、10分以上読みっぱなし、ということもあります。

4.「この内容で問題ないですね?」と、公証人から遺言書ご本人に確認があり、「間違いありません」と答えると、ここで一安心。

「大丈夫だと思います」とか、「ぜんぶ任せてありますので」とか曖昧な答えをされると、公証人も困ってしまいます。

5.遺言書に、署名・押印をします(実印で)。証人2名も同様にします

6.遺言書の原本は、公証役場に保存されます。ご本人が亡くなったあと25年後まで保存されるとのことです。それとは別に、写しを2部もらえます。これはご本人が持ち帰ることができます。

7.公証役場に費用を払って、すべて完了です。ここまででだいたい30分くらいです。

ご依頼者にとっては、公証役場に行く日そのものが一大イベントだと思いますが、私にとっては(もちろん当日も大事ですが)、それまでの過程でいろいろと頭を使います。

毎日の業務日誌です

相続は一人一人で考える。

こんにちは。小平市の相続コンサルタント、司法書士の手塚宏樹です。

相続のご相談を受けていて、たまに勘違いされている方がいらっしゃいますが、「相続」というのは、亡くなった方、その一人だけについて考えます。

 

たとえば、

お父様が亡くなって、相続人全員でその遺産をどのように分けるかを話し合った。そして、不動産の名義も変更し、預金も解約した。

それはあくまで、「お父様の相続」について手続きをしたというだけのことで、その後、お母様がお亡くなりになったときには、真っさらの状態で話し合うことになります。お父様のときに「何もいらないと言った」とかは関係ありません。

一つの家族のなかでの話でも、ちがう方が亡くなれば、それは「別の相続」なのです。

もう一つちがうケースで説明しますと、

お父様が亡くなって、妻・長男・二男が相続人であったときに、長男がすべてを相続しました。その後、長男が亡くなったら、長男の配偶者・子どもがすべてを相続することになります。

もし長男に配偶者も子どももいない場合は、長男の母が相続します。もし、このときに母がすでに亡くなっていれば、二男が相続することになります。父の相続のときに二男が相続しなかったことは関係がない、ということです。

毎日の業務日誌です

PJカップ埼玉大会。


 

小平市の相続コンサルタント、司法書士の手塚宏樹です。

 

先週末は、「PJカップ埼玉大会」に参加してきました。PJは、ペタンクジャパン、の略。

 

ペタンクとは、ものすごくカンタンに言うと、的に向かってボールを当てて、どれだけ近くに当てられるかを競うゲーム。

 

こう書くとひどく単純に思われそうですが、これが、なかなかどうして、やってみると面白い。大会当日は、そこかしこで、歓声と悲鳴が鳴り響いていました。

 

このあと、京都大会、東京大会と続いていき、年間通してのチャンピオンを決定します。

仙台一校。

先日、20年ぶりくらいに高校の同窓生と会ってきた。同じクラスだったことがあったのかなかったのか(たぶんない)、そんな状態だったので、同窓会(といっても少人数のこじんまり)なのに名刺交換から、という会合。新宿ゴールデン街という場所もあいまって、アウェイ感のなか、お店の門をくぐったのであった。

しかし、宮城県仙台一高という強烈な(当時。今は知らない)求心力をもった学校を卒業した仲間ということで、すみやかに溶け込むことができてよかったのである。

仙台一高は、僕らが通っていた当時は男子校であった。いまは摩訶不思議なことに、男女共学となっている。謎である。当時はそんな時代がやってくるとは夢にも思っていなかった。本当に、先生も生徒も、誰一人そんなことを考えていなかったのではないか。僕らにとって、便利なiPhoneのおかげで生活が一変した、なんていうこととは比べれないくらい。仙台一高が男子校ではなくなった、ということのほうが、「ああ、時代は変わったのだな」と思わせるものだと思う。

同時期に、仕事でも、仙台の不動産の売買などがあり、ちょっとだけ「仙台」というワードを意識するようになっているここ最近、あらたな事実を発見した。発見したというか、自分が知らなかっただけであるが。

「志賀賢太郎」というプロレスラーがいる。ウィキペディアによると、1974年12月6日生まれなので、僕の1年上である。いや、ウィキペディアなんか見なくても、1年先輩ということは知っている。同じクラスに柔道部の友だちがいて、そいつが「志賀先輩、志賀先輩」と言っていた。志賀先輩は体が大きいと思っていたのだが、全日本プロレスに入門後、テレビに出て活躍するようになると、ああ、他のレスラーってとんでもなくデカイのだな、とリアルに思わされたのであった。

全日本プロレスが仙台に興業にやってきたとき、高校の仲間が飲みに誘ったところ、「社長に聞いてくる」と答え、誘ったほうは、「おおー、社長ってジャイアント馬場か~」とそれだけのことで感激していたらしい(伝聞なので真偽不明)。

僕は直接には、志賀先輩とは交流がなかったが、仙台一高出身ということで、ずっと気になる選手の一人であった。そして、今日、さきほど、新日本プロレスの「田口隆祐選手」も仙台一高出身ということを知ったのである。ふつうに調べれば出てくる情報だし、自身のツイッターでも仙台一高に関することに言及しているので、やはり知らないのは僕だけであった。宮城県出身というのは知っていたのだけど。

田口隆祐選手は、1979年4月15日生まれなので、僕が卒業した年に入学していることになる。だから交流はやはりない。田口選手は、若手、というイメージだったが、いつの間にか、もうすぐ40歳である。「タグチジャパン」でブレイクしていて、タオルが欲しいな、などと思っていたところである。

という、「田口選手って、一高だったのか!」ということをどこかで言いたかっただけの投稿である。

毎日の業務日誌です

特別給付金国庫債権。特別弔慰金国庫債権。


相続のご依頼のなかで、「特別給付金国庫債券」というものを受け取りました。先生、手続きしてくださいと。ほかに、「特別弔慰金国庫債券」というものも。

この写真の下のほうが、クーポンになっています。記名式の債権です。

この国債の記名者が死亡し、まだ残りのクーポンがあるときには、国債の記名の変更手続きをすることによって、相続人が償還金を受け取ることができます。

手続きをする窓口は郵便局です。「ゆうちょ銀行」の口座の相続も、郵便局の窓口でしますが、こちらのほうがより手続きが大変かもしれません。

もちろん、今回は、委任状をもらって私が手続きしてきます。それにしても、「相続人の一人から請求できる」なのですね。相続人同士で揉めているとき、見つけた人が独り占めできてしまいますね。

毎日の業務日誌です

犬カフェ。

 

犬カフェ、というのか分からないけれど、とにかくそういうところに行ってきた。少し前に、「ハリネズミカフェ」に行ったこともある。自分がとくに好きなわけではなく、誰かに連れられて、である。

 

ここは、正確には「カフェ」ではない。ただ純粋に犬たちと遊ぶ場所である。また、犬を散歩に連れ出すこともできる。1時間3500円と、それなりのお値段であった。一緒にいった長女は満足していたので、まあよいが。

 

「カフェ」のほうも賑わっていて、1人30分900円。2人で1時間もいれば、そこそこの金額になる。3人の従業員でまわしていて、日曜日の午後などはいつも混んでいるらしい。

 

また連れていけ、とせがまれている。

ナイショで愛人にマンションをあげることはできるのか?

小平市の相続コンサルタント、司法書士の手塚宏樹です。

まあ、こういうご依頼というかご相談というか、がどれだけあるのかわかりませんが、潜在的にはけっこうなニーズがあるのではないかと推察するのであります。

いま、愛人をマンションに住まわせている。しかしその名義は自分である。とりあえず今のところは何も問題はないけれども、自分が死んでしまったあとはどうなるのだろう。自分の財産だから、家族が相続することになるのか。すると愛人はそのまま住めなくなってしまう。はて困った。

「じゃあ、遺言に書いておけばいいよね!?」(って、こんな軽い口調ではない気もするけど)

遺言も万能ではない。公正証書遺言っていうと、公証役場に行かなければいけない。こっそりやるには不向きかもしれない。さらに、公正証書遺言だと、コンピュータですべて管理されてしまうので、自分の死後、家族が検索をかけるかもしれない。そうすると愛人の存在が白日の下にさらされてしまうのである。

ならば、自筆証書遺言にしようか。これならば、書斎にこもって、つらつらと書くだけで完成する。しかし、これもまた問題をはらんでおり、自分の死後、自筆の遺言は、家庭裁判所に持ち込んで検認(ちゃんと様式にしたがって書かれているかというチェック)を受けなければならない。この検認を申し立てるにあたっては、遺言者の戸籍謄本をとる必要がある。愛人がとれるのだろうか?戸籍謄本がなんとかなったとしても、さらなる関門が待ち構えている。この検認手続き、法定相続人の全員に通知がいくのである。「遺言書を開封するから裁判所に来てください!」なんていう通知がきた家族はビックリ。やはり愛人の存在が白日の下、の可能性大なのである。

ほかにも、相続税の申告をどうするんだとか、自分が認知症になったら財産を洗いざらい調べられるんではないかとか、もろもろの問題点がある。

じゃあどうするのか。という問いには、いくつかの解答があるのだろうけれど、どれが正解なのかはケースバイケースとしか言えないだろう。

一つの答えとしては、「いま、あげちゃう」ということか。たんに「あげちゃう」だけだと贈与税とかで大変なことになるので、ちょっと工夫する必要があるが、遺言よりはバレる可能性がだいぶ低くなると思う。

お知り合いで、こういった問題でお困りの方がいれば、ぜひご連絡を。

毎日の業務日誌です